めまいを改善する生活習慣|鉄分の摂取で血行を良くしよう

原因に合わせて対処を

病院

難聴に伴うことが

めまいの原因は様々ですが、メニエールや突発性難聴どの耳の症状に伴って起こるものも多くあります。平衡感覚を司る三半規管が内耳の中にあるため、耳に障害が起こると、そちらの方にも影響が出てしまうのです。メニエールでは内耳の中にリンパ液が溜まって浮腫を起こしたために、三半規管や聴神経が刺激され、難聴や耳鳴り、めまいが起こるとされています。メニエールの場合はグルグルと回転する様なめまいです。めまいが出た場合は必ず病院に行きましょう。めまいは耳以外にも、脳に原因があることがあります。自分で判断することは難しいですので、医師の診断を受けましょう。眼振や聴力、MRIなどの検査を受けることでどこに原因があるのかがわかります。

症状に合わせて

メニエールや突発性難聴に伴うめまいなのかどうかはめまいの検査に加えて聴力の検査をすることでわかります。もし一緒に聴力も低下していれば原因が耳にあることが多いでしょう。原因が耳にあっても難聴がない場合、良発性頭位めまい症という病気も考えられます。内耳の前庭にある耳石が剥がれ、三半規管に入り込んでしまったために起こるめまいです。この場合は、頭を動かして、耳石を元の位置に戻すことでよくなりますので、医師の指導に従って運動しましょう。メニエールの場合は、頭を動かすとかえってめまいが大きくなってしまう場合がありますので、なるべく安静を保ちましょう。聴力が低下している方の耳をなるべく下にしない様に気をつけます。急に振り返る動作や、目を素早く動かす動作もなるべく減らし、治まるのを待ちましょう。原因に合わせて適切な対処をしましょう。