めまいを改善する生活習慣|鉄分の摂取で血行を良くしよう

目が回る原因は

女医

めまいは一過性のものがほとんどですが病気が原因の場合もあります。回転性のめまいはメニエール病が考えられます。立ちくらみは脳貧血や不整脈が原因の場合があります。ふわふわしたような感じのめまいは自律神経失調症が疑われます。

原因に合わせて対処を

病院

めまいは突発性難聴やメニエールに伴って起こることが多いですが、原因は様々ですので、必ず病院に行きましょう。良発性頭位頭位めまい症の場合は頭を動かしてめまいを治しますが、メニエールなどの場合は安静を保ちましょう。

原因と対処

看護師

めまいは誰しも起こることであるが、若い女性以外で高頻度に症状が現れる場合、病気の可能性が高い。特に高齢の女性やある程度体格のしっかりした男性であれば、市販の鉄製剤では治らない、あるいは逆効果の場合もある。

健康的な毎日を送るために

男性医師

栄養バランスの取れた食事

めまいを予防するためには、栄養バランスの取れた食事を心がけることが大切です。栄養バランスが偏った食事を続けていると、疲労やストレスがたまりやすくなってしまうため、めまいになりやすい体質になってしまいます。これに対して、栄養バランスの整った食事を心がけていると、血行がよくなって疲労やストレスがたまりにくくなるため、めまいの症状が現れにくくなります。特に鉄分やビタミンがしっかりと取れていると、めまいを引き起こしやすいと言われている貧血になるのを防ぐことができるため、意識してたくさん取るようにすると効果的です。このように、日頃から栄養バランスの取れた食事を心がけることで、めまいが起こりにくい体質へと改善をすることが可能になるのです。

日頃から身体を動かそう

めまいを予防するためには、適度に身体を動かすことも効果的です。日頃から身体を動かすようにしていると、運動をした時の刺激で耳の中の三半規管が鍛えられるため、めまいが起こりにくくなります。また、適度に身体を動かすことはストレスを解消することにもつながるため、ストレス性のめまいには非常に有効です。ウォーキングなどの簡単な運動で構わないので、こつこつと続けるようにしましょう。しかし原因がわからなかったり、めまいが軽減されなかったりしたら、耳鼻科などの医療機関を受診するようにしましょう。耳鼻科で問診や検査で原因を突き止めてもらい、適切な処置を行います。めまいは軽く見られがちですが、場合によっては危険な病気が隠れていることもありますので、一度しっかり診てもらうようにしましょう。